読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満足いく眠りを手にするブログ

毎日の生活に必要な睡眠。眠りの悩みを持つ人に今よりも満足いく眠りを手にいれてもらうためのブログです。

眠れない毎日にまさかの効果?ハーブティーの習慣をどうぞ

スポンサーリンク

眠れないときに食べ物や飲み物を改善したり、

取り入れる時間帯や量などを変えていくこと

はよくあります。

 

では、今までなかった習慣を一つ加えてみる

というのはどうでしょうか?

 

眠りの悩みというより気持ちを落ち着けたり

リラックスタイムに飲むことの多い、

 

ハーブティー

 

今回はこちらの効能と効果的な取り方を考え

てみましょう。

 

f:id:ruriyrsm4426:20170503065336p:plain

ハーブティーの種類

ハーブティーは独特の香りと効能があり、

その香りの作用によって、安眠をはじめ

身体の健康面や精神の健康面に役立つ植物

です。

 

今回は安眠に役立つ代表的なハーブを

いくつか取り上げてみます。

 

ペパーミント

メンソール系のハーブとして有名です。

 

ミントと一口に言ってもその種類は200以上

もあるそうです。

 

スーッと鼻に通る効果は様々な健康商品にも

使われています。

 

ペパーミントは胃腸の働きを活発にしてくれ、

消化を助けてくれます。

 

食べ過ぎたり、油っこいものを取り過ぎた時

などペパーミントのお茶を飲んでから寝ると

いいかもしれませんね。

 

また、独特のさわやかな香りにはリラックス

しているときの特徴であるα波が高くなる

というデータもあります。

 

イライラして何となく気分が落ち着かない

ときにもよさそうですね。

 

リンデン

これはもともとヨーロッパ原産のハーブです。

 

和名を「菩提樹」と言い鎮静効果が高いです。

 

甘い香りが特徴ですが味はそんなにしません。

 

ストレスからくる頭痛などにも効果があり、

イライラする気持ちなどを落ち着けてくれます。

 

リンデンフラワーとリンデンウッドがあり、

この2つをブレンドして飲みます。

 

寝る1時間ほど前に飲むといいでしょう。

 

カモミール

 この名前はよく耳にすると思います。

 

精神をリラックスさせて、ストレスを解消

させてくれる効果があります。

 

安眠効果も高いとされています。

 

作用が穏やかなので、子供から大人まで

飲みやすく安心です。

 

ただ利尿作用があるので、寝る前には

あまり飲み過ぎないようにしましょう。

 

ハーブティーを飲むなら・・・・・ 

 ハーブティーは香りや味に特徴のある

ものが多いです。

 

効果や効能を知って飲むのも一つですが、

一番は、

 

自分の好きな味や香りを探す

 

ということです。

 

自分が心地いいと思える香りは精神面には

大きく影響してきます。

 

そのうえで効果効能を知り、適切な時間帯

に飲んでみることをおすすめします。

 

覚醒効果の高いハーブは寝る前に飲むより

午後のお茶の時間に飲んだ方がいいですし、

今からバリバリ活動するというときに、

リラックス効果の高いものよりも、元気に

なれそうなものがいいです。

 

人それぞれの好みもあります。

 

また、植物であり、薬ではありませんので、

ブレンドもOKです。

 

好きな味や香りを見つけて気持ちを

リラックスさせて眠れない悩みが少しでも

改善されるといいなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。