読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満足いく眠りを手にするブログ

毎日の生活に必要な睡眠。眠りの悩みを持つ人に今よりも満足いく眠りを手にいれてもらうためのブログです。

体内時計と睡眠ホルモンに大きく影響!眠りには太陽の光がとても重要です

スポンサーリンク

一日の1/3~1/4を費やす眠りの時間に太陽の

光が大切だと言うことを知っていましたか?

 

朝起きて太陽の光を浴びるか浴びないかで夜

に質のいい眠りを得られるかどうかが決まる

というのです。

 

人には体内時計というものが備わっています。

 

実は体内時計は一日25時間なのですが、実際

の生活時間は24時間です。

 

ですので放っておくと、体内時計がどんどん

ズレていって、身体や心の健康にも悪影響が

出てしまいます。

 

それを修正してくれるのが太陽の光です。

 

f:id:ruriyrsm4426:20170330231059p:plain

 

 

太陽の光と眠り

 

太陽の光の効果的な浴び方は、何と言っても

朝日です。

 

朝起きてからすぐにカーテンを開けて、朝日

をしっかり浴びましょう。

 

太陽の光を浴びてから14~16時間後くらいに

自然と眠気が起きるようになっています。

 

この自然な眠りを得るのには、朝日の存在は

重要です。

 

太陽の光と睡眠ホルモン

 

太陽の光を浴びると「セロトニン」という

物質が分泌されます。

 

このセロトニンが睡眠ホルモンである

メラトニン」に変化していきます。

 

夜に自然に眠くなるのは、体内時計の働きに

よってセロトニンを材料とする睡眠ホルモン

メラトニンが分泌されるおかげなのです。

 

太陽の光を浴びないと・・・・・

 

朝起きたときに、太陽の光を浴びないという

ことは、明るさのない夜型の生活を送って

いる状態です。

 

夜型の生活を続けると体内時計が乱れて、

慢性的に時差ぼけ状態になってしまいます。

 

頭がぼーっとして、活動的な生活を送るのが

難しくなってしまいます。

 

いつも何気なく浴びている朝日であり、太陽

の光ですが、大切な眠りをもたらしてくれる

ありがたいものです。

 

毎日、敢えて敢えて朝日を浴びる習慣を身に

つけてみましょう。

 

これまでの睡眠が変わったらいいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。