読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満足いく眠りを手にするブログ

毎日の生活に必要な睡眠。眠りの悩みを持つ人に今よりも満足いく眠りを手にいれてもらうためのブログです。

眠れない?そんなときに加味帰脾湯(かみきひとう)どんな漢方薬で効能は?

スポンサーリンク

眠れないときの漢方薬様!

 

ではありませんが、わらにもすがりたい時

ってありますよね。

 

西洋のお薬と違って、直接

 

眠れない眠れる

 

という訳にはいきませんが、眠れない原因

になっている気持ちのイライラを鎮めたり

冷えている身体の一部をあたためてみたり

体質を少しずつ変えていくことで眠れる

ようになる。

 

そんな穏やかな効き方をするのが

 

漢方薬

 

というところでしょうか?

 

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/02/0281b1837c5150f9471f55a410866d7f_t.jpeg 

 

加味帰脾湯(かみきひとう)について

加味帰脾湯という漢方薬はねむりに対して

一体どのように効いてくれるのでしょう?

 

加味帰脾湯を処方される人のタイプ

  • 夢にうなされて起きてしまう
  • 疲労感が強く、寝ても疲れがとれない
  • 食欲不振、寝不足気味

という人に処方されることが多いです。

どれか思い当たりますか?

 

加味帰脾湯がねむりに作用する効能

あなたの身体にとって昼と夜の区別が

しっかりできていれば問題ないのですが、

そうでない場合にねむりに影響します。

 

昼間に生じた「気」を鎮めることで眠りに

つけるのに、「血」が足りないために、

それができず、

 

浅い眠り

 

になってしまうのです。

 

この加味帰脾湯は消化器の働きをサポート

してくれ、「血」を増やすことで「気」を

きちんと鎮め、眠れるようにします。

 

気持ちを落ち着かせてあげることで精神的

にも安定してねむれるというわけです。

 

漢方薬で不眠などの症状を治すときは、

眠れないというそのものズバリの症状だけ

に目を向けるのではなく、その元になって

いる

 

  • 加齢
  • 精神的不安
  • 胃腸などの働きの低下
  • 身体の栄養不足

などにも目を向け、根本から治療して行く

という考え方が多いです。

 

ですので、自分に合った漢方薬が見つかれば

眠れないという悩みだけでなく、もともとの

体調改善にもつながり、根本から元気で健康

な身体になっていけるということですね。

 

ただ、漢方薬は、同じ薬でも体質や生活環境

などでも効き方が違ってきますし、効果の

現れる度合いも人それぞれです。

 

処方してもらうときには、きちんと相談して

自分に合ったものを飲みましょう。

 

また2~3週間は飲み続けないと、効果が

わからないことも多いです。

 

自分の身体のためですので、漢方薬を試す

場合は医師の指示に従った飲み方を守り

ましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。