読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満足いく眠りを手にするブログ

毎日の生活に必要な睡眠。眠りの悩みを持つ人に今よりも満足いく眠りを手にいれてもらうためのブログです。

質のいい睡眠をとる方法に運動って効果あるの?その頻度と強度を知りたい

スポンサーリンク

あなたは毎日運動していますか?

 

運動は健康を維持したり、美容面でも効果を

発揮します。

 

運動するメリットは数えきれないほど

あります。

 

では、毎日の眠りに関しては運動って

どう影響しているのでしょうか?

 

やっぱり運動したほうが質のいい睡眠を

とれるのでしょうか?

 

f:id:ruriyrsm4426:20170405060911p:plain

 

睡眠と運動について

一日の疲れは睡眠によって取り除けます。

 

頭を使うことによる疲れと身体を動かす

ことによる疲れがあります。

 

現在は身体を動かすことが減りました。

 

時代の流れというのもあります。

 

車や交通機関の発達、家電製品の普及に

よる便利さによって一つ一つの生活内容

が楽になり、身体に負担がかかることも

少なくなったと思います。

 

しかし、その結果現代人は身体を動かす

ことが減って慢性的な運動不足に陥って

いるのが現状です。

 

敢えて運動したり、スポーツしたりする

時間もとれない場合が多いですよね。

 

それでも睡眠のためには身体を動かした

方がいいんです。

 

それには体内時計と睡眠物質が関係して

きます。

 

睡眠物質とは、私たちの体内に存在し、眠りを引き起こす物質であり、起きている時間に徐々に溜まっていくと考えられています。 長く起きていると、睡眠物質の蓄積によって次第に眠くなるのです。 現在、睡眠物質は数十種類あることが分かっており、体内のあらゆる場所に存在しています。

睡眠物質がたくさんたまると夜に自然な眠気

が訪れます。

 

この睡眠物質は日中の活動量が増えることでも

ためることができます。

 

逆に起きている時間帯に身体を動かす量が

少ないと睡眠物質がたまらず、自然な眠気が

なかなか来ないことになってしまいます。

 

身体が程よく疲れると眠くなるというのは

誰でも体験したことがあるのではないで

しょうか?

 

運動の取り入れ方

週に2回、30分程度のリズミカルな運動が、

理想的ですね。

 

ウォーキングなんて最高です。

 

筋トレだとちょっとハードです。

 

ストレッチやヨガのように身体をほぐす

運動も身体が喜びそうですね。

 

自分が楽しめて、ストレスなく続けられる

ような運動を取り入れてみましょう。

 

ただ、寝る直前の運動は交感神経が活発に

なってしまいますので、あまりおすすめ

しません。

 

適度な運動は睡眠、健康、美容、生活面の

すべてにおいてメリットだらけですね。

 

それに、楽しんで実行できればストレス

解消にもなり、いいことばかりです。

 

スポーツを何かと思うより、ラジオ体操や

柔軟など簡単に取り入れられるものから

始めてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。