読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満足いく眠りを手にするブログ

毎日の生活に必要な睡眠。眠りの悩みを持つ人に今よりも満足いく眠りを手にいれてもらうためのブログです。

仮眠って凄い!日中の眠気がつらいときにこんなに効果あるなら試してみたい

スポンサーリンク

眠りの悩みには、夜だけでなく日中での困り

事もあります。

 

それが眠気です。

 

夜にしっかり熟睡できず、その分の睡眠不足

が昼間にずれ込んで、強い眠気となります。

 

昼食を食べた後には、多少なりとも眠気が

起こることがあります。

 

しかし、仕事中や人と会話している最中でも

眠くて眠くてたまらなくなります。

 

本当に眠いときって、立っていても眠いです。

 

そんなつらい眠気がスッキリするものが

あります。

 

それは「仮眠」です。

 

f:id:ruriyrsm4426:20170404230041p:plain

 

仮眠の効果 

仮眠は脳に休息を与えてくれます。

 

人は生活の中で身体だけでなく脳や心までも

疲労がたまってしまいます。

 

仮眠はその疲労をとってくれるのです。

 

わずか15分でも効果的な仮眠であれば、夜の

睡眠の2~3時間分に相当すると言われます。

 

仮眠の効果的な取り方

 

一度に仮眠をとる時間は15分から20分以内

におさえましょう。

 

30分以上眠ってしまうと、自律神経の

副交感神経が優位に立ってしまうために、

脳は熟睡モードになります。

 

熟睡モードになってしまうと、せっかく

仮眠をとってもその後も眠気が続いて

しまうことになり逆効果です。

 

仮眠の効果を高める方法

仮眠の効果をもっと高めるために、あと

ちょっとの工夫を加えましょう。

寝る姿勢

完全に横になるのではなく、椅子にもたれる

姿勢が適切です。

 

横になったり、机にうつ伏せになると、疲れ

がとれていい感じがしますが熟睡モードに

近くなるために、目覚めた後も眠気が続いて

しまいます。

 

仮眠前の工夫

仮眠をとる前にカフェインの入った飲み物を

とる。

 

コーヒーや緑茶を飲んでから仮眠をとること

で、目覚めがスッキリします。

 

それはカフェインの覚醒効果が飲んでから、

20分~30分くらいで出てくるからです。

グッズを使う

耳栓やアイマスクを使うことで、目や耳から

入ってくる情報を遮断してくれます。

 

脳に入る情報を制限することで効果的な眠り

が得られます。

目覚めてから

仮眠から目覚めてからの動作も大切です。

  • 大きく伸びをして脳や身体を目覚めさせる
  • 太陽の光を1分以上浴びる
  • 冷たい水を飲むか顔を洗う。
  • 「疲れがとれた」などと口にする

眠りから脳や身体を覚ます行動をとるといいです。

まだはっきりせず寝ぼけた身体に、もう起きたよ

と知らせてあげる行動をとることで、その後に

クリアな頭と疲労感のとれた体になれるのです。

 

仮眠は日中に強い眠気をとるのに最適です。

 

前夜に熟睡できなかったり、睡眠時間が十分

取れなかったときにも効果的です。

 

試してみてほしいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。