読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満足いく眠りを手にするブログ

毎日の生活に必要な睡眠。眠りの悩みを持つ人に今よりも満足いく眠りを手にいれてもらうためのブログです。

眠りの悩みで毎日つらい、不眠症外来はどんなところ?明るい生活を手にしよう

スポンサーリンク

不眠症に悩む場合、専門の医療機関があると

助かりますよね。

 

眠りに関する悩みを抱える人は数多くいます。

 

しかし、そのほとんどが辛い症状についても

見て見ぬふりをして放ったらかしするか、

効果的な改善策を探していても、効果が

でないとあきらめることもあるようです。

 

そんな時になかなか時間と手間を考えると

足が遠のいてしまうのが専門のクリニック

などです。

 

現代人は眠りに関する悩みをたくさん持って

います。

 

そんな時によく耳にするのが「不眠症外来」

です。

 

今回は「不眠症外来」ってどんな所なのか

お話しします。

 

f:id:ruriyrsm4426:20170326145224p:plain

 

不眠症外来について

 

睡眠の悩み一般を扱う医療機関です。

 

最近は専門のクリニックが増えてきていて、

眠りの悩みを持つ人にとっては、ありがたい

環境です。

 

一般の大きな病院の中にも「睡眠外来」という

専門の診療科目を扱っているところもあるのd

で、一度受診してみてはいかがでしょうか?

 

どういう内容の悩みを扱っているのでしょう。

 

不眠症の症状について

 

不眠症には基本的な4つのタイプがあります。

 

それが次の通りです。

 

入眠障害

ベッドやお布団に入ってもなかなか寝付けず、

眠りに入るのに30分以上かかります。

 

そのような日が数日から数週間続く状態です。

 

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めて、その後再び眠ろう

と思ってもなかなか寝付けない状態です。

 

この状態が数日間続きます。

 

早朝覚醒

自分が目覚めを希望する時間よりも早く目が

覚めてしまう状態をいいます。

 

特に年齢を重ねると、体内時計のリズムが

ずれるために、この症状が増えてきます。

 

加齢が原因とすればさほど心配はいりません。

 

しかし、うつ病などとの関連もあるので、

気になったら受診が必要かもしれません。

 

熟眠障害

眠る時間はたっぷりとっているつもりなのに、

ぐっすり寝た気がしない。

 

熟睡した感じが残らない状態です。

 

睡眠時無呼吸症候群やむずむず足症候群など

病気が関係していることもありますので、

放っておくのは危険です。

 

不眠症外来とは、これらの問題に関して、

 

  • 生活相談
  • 薬物治療

などを行います。

 

自分でどうしようもない、睡眠の悩みを

持っている場合は、一度足を運んでみる

こともおすすめです。

               

 f:id:ruriyrsm4426:20170416114811p:plain

眠れないってつらいものですよね。

でもきっと「睡眠外来」って眠りの

専門家だと思うんです。

 

そこで解決できるかは受診して

みないとわからないわけですが、

何も行動せずには何も前に進展

しません。

 

それが睡眠外来受診でなくても

いいと思います。

 

何か昨日と違うことを一つでも

取り入れて、次の眠りに備えて

みませんか?

 

いくつも方法を探しているうちに

自分に合った方法が見つかるかも

しれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。